So-net無料ブログ作成
山あそび ブログトップ
前の10件 | -

川湯温泉キャンプ場・木魂の里 [山あそび]

3泊目はキャンプをすることにしていましたが、予約を何処にも入れていなかったので、予約が不要のキャンプ場から選んで決めました。大人2人子供1人で2700円。安い!
場所は熊野本宮大社に近いところにあります。
キャンプ場の前には川が流れていて、水遊びをすることが出来ます。
500m上流に行くと川湯温泉があり、その名の通り川の石をどかして穴を掘ると温泉が湧いて出てきます。
250円で共同浴場もあり、僕たちはそちらに入りました。
あいにく星空は見られませんでしたが、自然の中で一日楽しく過ごせました。
Image520.jpgImage519.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

金華山(岐阜県・328m) [山あそび]

前日強く降った雨も止んだので、19日の土曜日はお出かけすることに。
日頃運動不足の妻も少し体を動かしたいとのことで、また軽い山登りに行くことにしました。

今回選んだ山は岐阜市内にある金華山。山頂に岐阜城がある328mの山です。
片道600円のロープウェイがあるのですが、これは使わずに登山道で登ることにしました。
登山道は10本あるらしいのですが、今回は普通の人でも50分~1時間かかる道とのことで、まりのちゃんを背負って登ることを考え、でもちょっと変化のある道がいいなってことで、「瞑想の小道」コースを登ることに。
木立の中を進んでいき、所々見晴らしいのいい場所を通り、山々や鵜飼いで有名な長良川を眺めることが出来るコースでした。
でも、前日の雨で道が悪いところもあり、スニーカーではちょっと厳しかったかも。
山から下りて来た人たち(登りはロープウェイなんだろうか?)は、石の上を歩いてすっ転んでいる人もいた。

通常50分で登るコースを70分で登り、山頂に到着。
妻と娘は岐阜城を見学。遠くまで見渡せたそうだが、天守閣の展望エリアを走りまわる娘が気が気でなく、じっくりとはいかなかったそう。

帰りは風も出てきて気温が下がってきたので、娘と妻はロープウェイで下山。
僕は、「百曲り」コースで下山。 足元も悪く、急坂もあったが、走って駆け下り18分で下山。
もちろん3分で着くロープウェイの方が早かった。

意外にも登り応えのある山でした。

★山行き記録
金華山:328m
2008.4.19(土) 15:00~17:15(休憩45分)
ロープウェイ金華山麓駅→登山口→山道→金華山(328m)→岐阜城→階段道→ロープウェイ金華山頂駅→山道→登山口


Image320.jpg Image323.jpg Image326.jpg Image328.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東谷山 (愛知県・198m) [山あそび]

朝から天気が良かったので、まりのちゃんと東谷山に登りに行きました。
昨晩、友人と飲んでいたら、東谷山の話題になり、今ちょうど麓にあるフルーツパークでは枝垂れ桜が見頃とのことで、早めに出掛けた方がいいらしい。
妻は、家の掃除をしたいということで、お留守番です。

東谷山は、標高198mの名古屋市内でもっとも高い山です。いくつかのルートで登ることが出来るそうですが、上りは南側にある神社からの山道ルート、下りは階段の連続でフルーツパーク横に出るルートにしました。
上り道は、まりのちゃんも一生懸命歩いて上って行きましたが、途中人とすれ違うと「抱っこ~」になって、ビビリながら挨拶をして行き過ぎるとまたおりて歩き出す感じでした。
300mくらいは歩いてくれましたが、疲れたのか途中からずっと抱っこになり、抱えられたまま寝てしまいました。
15分くらいで登れるところを25分かかって山頂に到着。
ご褒美の「じゃがりこ」を食べて、階段道を下山しました。下りの階段は楽しいらしくずっと歩いていましたが、上りの階段は、段差が高いせいかまた「抱っこ~」でした。

高低差約120mなので、日頃の運動不足解消には、お手軽に行けていい山でした。

帰りにフルーツパークの枝垂れ桜を見て来ましたが、園内1000本の桜は満開見頃で、大勢の人で賑わっていました。


★山行き記録
東谷山:198m
2008.4.12(土) 10:40~12:00(休憩35分)
駐車場→登山口→山道→東谷山(192m)→階段道→遊歩道入口


Image313.jpg Image316.jpg Image318.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

スキー合宿終了! [山あそび]

安曇野にいる間の3日間毎日スキーをしていました。
さながらスキー合宿でした。
甥っ子2人はリフトに乗ってボーゲンで滑って降りてこれるようになり、僕は娘を抱っこして滑って楽しかった。
両親には妻と滑っている間、娘の面倒を見てもらったりお世話になりましたが、またみんなで来年も行きたいですね。
これから、名古屋にのんびり帰ります。

今朝は常念岳をはじめ北アルプスの山々がくっきり!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

スキーをしました [山あそび]

スキーを家族10人でしてきました。去年も企画していたのですが、うちの車がトラブルで出せなくなり、1年越しのリベンジとなりました。
行き先は、安曇野からも1時間足らずで行ける爺ガ岳スキー場です。
このスキー場は、僕が小学生の時に初めて滑ったところで、娘と来られたのは、感慨深いものがあります。
リフトは4本と少ないですが、初心者でも楽しめるコースが多く、そりも楽しめる子供用ゲレンデもあります。こじんまりとしているので、お正月でも空いています。
さて、スキー場に来たまりのちゃんは、初めてのそり滑りに大はしゃぎでした。
その後、オフクロに預けて妻と何年かぶりのスキーをして、レストハウスに戻ってみると、甥っ子と仲良くミカンの皮むきをしていました。その数30個近く。あちゃー!

広い子供ゲレンデで、そり遊びがたのしい!!

お正月なのにリフト待ちが殆どありませんでした。天気もよいです。

みかんの皮を無心に剥く2人


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

上高地(長野県) [山あそび]

安曇野の帰り道、白骨温泉に入って帰ろうと、車を走らせていたら、意外にも上高地に向かう車が少ないことに気が付いた。
「予定変更して上高地行こうか?」に妻は二つ返事。今回の旅行が持ち上がった時から、上高地に行きたいと言っていたので、予想は出来た。旅行中に行かなかった理由はいくつあったが、安曇野に行く途中に見た渋滞と、ローカルのテレビニュースでやっていた「芋洗い」のような河童橋を見たからでしょう。
思っていた通り、人が少なくノンビリ散策することが出来ました。

徳沢からの眺め

徳沢園で折り返しの休憩

岳沢と穂高連峰

★山行き記録
上高地BT~明神館~徳沢園~明神館~明神池~河童橋~上高地BT
2007.8.16(木) 10:30~16:00(休憩90分)
標高:測定せず
歩数:測定せず(13.0km)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

沢遊び(中房川) [山あそび]

昨日に引き続き、沢遊びしてました。
今日は中房川です。川底に砂が沈澱している箇所もあり、水深1mくらいの天然プールあり、最高に楽しい!
来年は十分な装備を持って沢登りも兼ねて遊びに来たいと思います。

僕だけ天然プールで遊んじゃいました!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

沢遊び(小野沢) [山あそび]

昼間に松本市内をブラブラ散歩。美味しい洋食屋でのランチや老舗のコーヒー屋でお茶をしたのですが、店の外は炎天下。最高気温は36度を越えていたそうです。
あまりにも暑かったので、帰り道に沢に寄って行きました。
場所はあづみ野公園の先にある、小野沢というところです。
子供の頃、小野沢の手前の須砂渡に連れて来てもらってバーベキューをしたことを思い出しました。
その時も川の水は冷たくて、天然の冷蔵庫のようでした。
こんな沢が近くにあると、いいですね~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

小遠見山(2007m) [山あそび]

五竜岳から延びる遠見尾根の途中にある、小遠見山に登ってきました。
http://www.hakubagoryu.com/green/pdf/kotomi.pdf

途中の1515mまで五竜遠見スキー場のゴンドラを使って登り、そこから片道約3kmを約90分かけて歩きました。
小学1年生の甥っ子も頑張って登り切りました。
私もまりのちゃんを背負って登りましたが、結構疲れました。(お父さんカッコイイ!のOLギャル?声援に後押しされましたが。。。。)

無事ゴンドラ乗り場に到着~!

★山行き記録
アルプス展望リフト~地蔵の頭:1,676m~小遠見山:2,007m~アルプス平:1,515m
2007.8.13(月) 10:30~14:30(休憩60分)
標高:測定せず
歩数:測定せず


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

妻籠~馬籠峠(801m)~馬籠 [山あそび]

今朝はちょっと早起きして、馬籠に行きました。
馬籠までは家から80km弱、高速を使っても1時間半で行ける距離です。
今回は中仙道の宿場町を色濃く残す馬籠を見ると言うよりも、日頃の運動不足を解消するために、妻籠から馬籠峠を経て馬籠まで約8kmを歩くことにしました。
車は馬籠宿の駐車場に置いて、1日に3本しか走っていない南木曽行きのバスに乗って妻籠に行きました。

おNewの靴を履いてご機嫌でしたが、歩けなくて座り込み。

 

妻籠から歩き始めたのは11時40分。既に妻は空腹のご様子で、「五平餅食べたくない?」と聞いてくるが、前日に結構食べ過ぎて朝から胃もたれ気味の私としては空腹感がなく、「お腹空いてないから~」と答えると、渋々食べずについてきた。
途中で、「プチトマト3個10円」と軒先で冷水に漬けて売っている家に出くわし、2人で頬張る。
軽くのどを潤すにはありがたかった。
その先にこのコースの最大の見所「男滝・女滝」があった。2日前の台風のせいで水量は想像以上で、豪快そのもの!!しぶきにあたって、(たぶん)マイナスイオンも出ていて気持ちがいい。
そこで滝を見ながら昼食。
 

 

その後、1時間程歩いて、馬籠峠。最後は結構足にきて辛かった。

まりのちゃんも一服

 

馬籠峠を境にして長野県と岐阜県に分かれる。妻籠のある長野県側は風致地区として石畳などを保存していたが、岐阜側はあまりそのような印象を受けず、淡々とほとんどアスファルトを歩く感じ。馬籠から歩く方が楽というのも肯ける。
峠からの下りは40分程で馬籠の上部、陣屋に到着。あとは色々と店を見て回って、馬籠の駐車に着いたのは、妻籠を出てほぼ5時間後の16時30分でした。


 

★山行き記録
妻籠~馬籠峠:801m~馬籠
2007.7.16(月) 11:41~16:32(休憩100分)
妻籠駐車場(490m)→大妻籠→男滝・女滝(655m)→馬籠峠(855m)→馬籠駐車場(640m)
登りトータル 390m
(標高測定はPRO TREK)
歩数:測定せず


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - 山あそび ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。