So-net無料ブログ作成
スピリチュアル ブログトップ
前の10件 | -

タダでも出来ること [スピリチュアル]

先日、妻が突然こんなことを聞いてきた。
「お金はもらえないけど、人のためにしてあげられることってある?」
ボランティアってこと?って思って、すぐに思いついた事を口にした。
「海岸のゴミ拾いとか、校庭の石拾いかなぁ~。裸足で安全に歩ける環境にしたいんだよね~」って答えた。
「自然がいいんだね!」
う~ん、ちょっと違っているんだけど、大体合っているかも。

妻は「人に髪型とかファッションのアドバイスしたり、実際にアレンジすること」だそうてす。
職業としてはスタイリストには向いてないですね(笑)
僕にとっては優秀なスタイリストさんですが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ゴーンさんのありがたい一言 [スピリチュアル]

朝日新聞の土曜版にカルロスゴーンが、質問に答えるコーナーがある。「ゴーン道場」
いつも毎週楽しみにして読んでいるのだが、今週は大変興味深かった。
質問の内容は、「かわいい子供には旅をさせよ」についてだった。
ゴーンさんは肯定して、人生は問題解決の連続だからと言う。挑戦と困難は常にあり、一つ解決してもまた次が来る。それを続けることで成長すると。
それは「旅」をするときも同じである。
教育とは暗記させることではなく、問題解決を学ばせる場なんだと。
問題に直面して衝撃を受けるのではなく、「人生につきものだ」と冷静にとらえ、あきらめず、客観的に対処する人間を育てることだと言っている。
ありがたいことに、僕は子供の頃から多くの「旅」をさせてもらった。それは友人や弟や一人で、大人のいない本当の「旅行」に行ったり、何度かの転校だったり。他にも色々なことが「旅」になった。
おかげさまで、お勉強の「問題解決」はさっぱりだったが、生きていくための「問題解決」は、十分こなしてきたように思います。
今の子供達は「問題解決」をしていないんじゃぁないかと思うんだよね。
勉強はその場限りの暗記のおかげで優秀で、人生で行き詰まった時に、「問題解決」の術を知らないので、どうしていいのかわからず、解決策もわからず、引きこもる、キレる。
もちろん全ての子供達がとは言わないけど。
「問題解決」をたくさん経験した人は、応用問題も難無くできるし、人生に、行動に余裕が生まれてくる。

うちの娘にも、「旅」を多くさせたいと思う。
人生には苦難が多いことを理解させて、乗り越える力をつけさせやりたいと思う。
僕もまだまだ「旅」が必要です。


妻も共感してくれて、記事を取っておくのだそうです。
Image416.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

もう一人産む? [スピリチュアル]

先日、東京に出張したときに、友人の旦那さんにばったりあった。2人目のお子さんが生まれたとのこと。今度は女の子。既に上の男の子は、お母さんを妹に取られたと思い、毎日ぐずっているそう。かわいい。

さて、我が家の話しをすると娘が一人。そろそろ2歳になるし、私も妻も弟妹がいるので、兄弟がいて楽しいことも知っているので、「もう一人!」と考えている。まぁ、生まれくるのかは「神様だけが知っている」と言うことになるんだけどね。
でも、先日ちょっと考えてしまう事がありました。
娘の大学に行く費用を積立ておこうと思い、保険代理店に聞いたところ、私立大学で自宅からの通いなら、4年間で700万円が必要とのこと。配当の低い学資保険ではなく、満期時に700万円以上受け取れる15年払い込みの生命保険に入ったんだけど、月額36000円以上の支払い。
結構な負担だけど、死亡保証も1000万円ついているので、万が一の場合にも安心です。
しかし、子供が2人いたときはどうなるだろうと思う。学費は2倍になり、積立は8万円近くなる。死亡保証も2倍になるけどね。
到底、私の安月給では厳しい。妻に「出来れば働かずに家に居て欲しい」と言って専業主婦で家をしっかり面倒を見てもらっているが、2人いると現実家計は厳しいだろう。共働きになったとしても、保育所に2人分の料金を払うとなると、妻が高給取りにならない限り、あまり金銭的なメリットがない。
家計の事を気にして、子供を産まないというのも、ちょっと辛いものがある。でも現実先日も今後の生活に不安と言って、子供を危めてしまった事件があった。少子化対策も含めて、何とかして欲しいものである。

最近、両親にいづれ近所に住まないかと話しをしたことを思い出した。
両親の健康を案じての事だが、昔の日本が大所帯だったように、子供の面倒を見てもらえれば、少子化にならなくて済むかも。
ただうちの娘の場合は、「あんなやんちゃな子は面倒を見ないよ!」と言われるのが、落ちだろうな(笑)



うちのやんちゃくん。
兄弟は欲しいかなぁ~?
Image293.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

女は家に入るもの? [スピリチュアル]

今日、名古屋のセントラルパークのギャラリーを歩いていたら、目を留めるようなポスターがずらりと並んでいた。内容は人権を訴えるものばかりで、視覚的にも文章もハッとする内容が多い。
中部クリエーターズクラブが主催の人権ポスター展とのことだったのだけど、僕が一番気になったのは、「嫁」という漢字の「女」が逃げ出そうとしている構図で、「女は家に入るもの?」というキャッチだった。
「なかなか上手いコピーだなぁ~」と感心もし、「嫁」って漢字は「女」+「家」ということを今更ながらに気がつかされた。やはり僕は男だ。。。。
結婚しても働く女性が増えた昨今、働く「お母さん」も増えつつある状況です。僕の知り合いでも、子供がいても男性に負けない働きをする女性を何人も知っている。感心する反面、旦那さんや身近にいる親族(主に旦那さんや奥さんのご両親)の協力なくしては難しいだろうと思う。

では、僕はどう考えているんだろう。。。。。
僕の母親は専業主婦だったので、学校から帰ってきても母親が家にいる安心感があったのを覚えている。カバンをキッチンに置いたまま、その日あった出来事をおやつを食べながら話すのが日課になっていたように思う。
娘にも同じことをして欲しいなぁと思うので、妻には家に居て欲しいと思う。。。。。人権侵害していた?!
意外と自分の尺度や定規で物事を測っていることに気がつかないことが多いよね。改めてこのポスターを見てそう思ったのでした。

先日友達にこうアドバイスされたことがあった。「保育園に入れる、入れないではなくて、奥さんが働きたいか、働きたくないかも考えるべきじゃない?」って。確かにそうだよね。保育園入れるお金と、奥さんの給料がほぼ同じようなこともあるらしいし。労働意欲というか外に出て人と接するってことも大切なんだよね。給料で計れることではないのかもしれない。

さて、妻はこのことどう思っているのだろうか?  たまには日本酒でも飲みながら話をしたいな、と思った。
少なくても「ブログでは呼び名を『嫁』ではなくて『妻』にして」と言っている程度のこだわりしかないのかもしれないけどね。


私が眠る場所 [スピリチュアル]

両親が安曇野にお墓を建てましたので、見に行きました。
北アルプスを望める素敵な場所でした。
いずれは私も北アルプスを毎日眺めながら、ここに眠るでしょう。

墓標に両親が選んだ句は「つるかめは限りありけり いつまでも尽きぬは山と水とながれ」 奥が深い!
親父とともに登頂した、常念岳を正面に望む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

アイデンティティと車の関係 [スピリチュアル]

先日、妻と夕飯を食べながら話題になった。
車はアイデンティティ(個性)を一番表現しているものであるのではないかということ。

巷には色々なタイプの車がある。決して高くはない金額で買うものだから、かなり慎重に自分の好みに合ったものを選ぶに違いない。(もしそれが、自分の意に反して妻や、家族の意見を取り入れられたものとしても、それも大きな意では自分の好みかと)
常に新しい車を買う人、中古車や長く乗り続けると割り切る人、それも個性の表れとも言える。
そう考えると、僕の個性はかなり変わっているのかもしれない。
・マツダ カペラクーペ
・トヨタ ハイラックス Wキャブ
・ビューイック エステートワゴン
・スズキ ジムニー
・トヨタ マークⅡ
・マツダ MPV
(日産車がない。。。汗)
変わっているのではなく、その時々のライフスタイルを表現しているように思える。
ここ近年は中古車を買っているので、お金の面では堅実というか使い方が変わってきたようです。

そんな話をしていたら、川渕サブちゃんが、「あの」磐田の選手が乗っていたベンツについて「ベンツは企業の社長か重役が乗る車」と言ったそうだ。車にお金をかけてアイデンティティを表現していると考えたら、その意見は間違っているのではないか。それだけの高額年棒を払っているのだから、20歳ソコソコの男に「車にお金をかけるんじゃぁない」とは言えないでしょう。

個性と車(とお金)。かなり関連がありそうだね。

ドライブついでに家族で外車専門の中古車屋に行ってきました。
妻のお気に入りは、
・ジャガー Sタイプ
・ボルボ C70カブリオレ
・BMW 525iMツーリング
だそうです。
う~ん、個性が出ているなぁ(笑)

すごくたくさんの外車を展示している中古車屋。1日いても飽きません。


腹を割って話せる相手は何人いますか? [スピリチュアル]

今日、久しぶりに仕事とは何も絡みのない友達と飲みました。
高校の時からの付き合いだから、もう20年以上の付き合いになります。
名古屋に出張してきたと言うことで、わざわざ連絡をくれました。本当にありがたいし、嬉しい。

皆さんは腹を割って話しが出来る友達は何人いますか?
僕は誰とでも特定するでもなく、なんでも話しをしてしまうところがあるように思えます。
(もちろん、相手次第ではあるのですが)
あまりいいことではないのではと思うのですが。
本当に腹を割って何でも話せる相手は何人いるんだろう?そんなことをフッと考えてしまいました。
しかし、相手も腹を割って話しをしてくれるかは、別問題ですね。

今日は本当に気分よく飲む事が出来ました。
(彼には色々と連れまわして迷惑だったかもしれないけどね。)

また名古屋に来て下さいね。しばらくはここにいますからね。待っています(笑)。

あと何年この街にいるのだろうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

生きる権利 [スピリチュアル]

週末のテレビ番組で、何度か先週熊本の病院に設置された「赤ちゃんポスト」の事が取り上げられていた。その都度頭が良さそうな評論家やコメンテータが「賛成」「反対」と決着のつかない議論を戦わせていた。視聴率的にはOKなんでしょうね。こういう番組にはウンザリ。(もっとウンザリな番組ばかりですが)
さてこの親の責任論・倫理観で引っ張って落ちの無い議論ですが、僕の意見は誰がどう言おうと「賛成」なのです。それは産まれて来てこの世に降り立つ子供には生きる権利があるからです。貧しかろうが、認められなかろうが、赤ちゃんには罪はなく、ただただ生きる権利があるだけなのです。
うちの娘は産まれた後に少し黄疸がでて、緑のライトを一日中当てられていましたが、その姿は一生懸命生きるために必死な小さな姿で、僕も涙ぐみなからガラス越しに応援しましたよ。
名前がなくても、産みの親がいなくても、必死で生きていくよ。それを大人は手助けしてあげないと。
預けられた子供は、成長して、自分で考え、親がいないことを悲しんで、自分で自分を殺めるのでも遅くはないんじゃぁないか。きっとその子は自分で自分を殺めることもなく、誰よりも人として逞しく生きていると思うな。

親の責任は別問題。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

妻は1番、娘は2番 [スピリチュアル]

先日コメントを頂いたので、ちょっとだけ書きたいと思います。
娘が出来たとき「妻が1番目、娘は2番目に好きでいよう」と思ったのです。(所ジョージさんの「新・亭主論」だったかに書いてあったような)何かの本に書いてあったので、それを思い出して思ったのかは定かではないのですが、でもしっかりと自分の意見というか誓いのように思ったのです。
もちろん娘は愛おしくてかわいいと思っているのですが、それ以上の気持ちを妻に捧げることが出来たら、家庭円満になるし、娘も幸せで過ごせることが必ずできると思ったのです。
(?_?)なぜ娘までって?
妻が幸せに感じていたら、子供に虐待とかしないですよね。
妻にはこの話しをした時に「幸せと感じたら娘に返してあげてね」と言ってあります。今の所は娘は幸せを感じてくれているようです。

毎週楽しみにしていた日曜のドラマが終わってしまいましたが、娘からキムタクが言ってたような「お父さんに微笑みかけてもらいたかった」と言われない程度の「2番目」にしたいと思います(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

KISSのすすめ [スピリチュアル]

今日は日頃お世話になっている「わび助」で、昔大変お世話になった方の壮行会をしました。5年ぶりに会う尊敬している方も出席されていて、大変楽しい宴でした。
そこで少し話題になった話しが、朝出掛けにKISSをするかなのですが。
僕の家では僕からしますね。でも毎日ではないですが。それには色々な意味があったりします。愛してるよ~の意味はもちろん、娘の面倒を頼むね、朝食美味しかったよ、夕飯もお願いします。。。とか。
でも、もっと意味として大きいのは
家族が今日も一日無事でいようね
っていう思いが強いです。
ちょっとKISSは恥ずかしいですが、言葉にするのはもっと恥ずかしい(笑)。言葉で表現しにくい分をKISSで表現しているような。
妻に伝わっているかはさておき、夫婦なんだから「KISSのすすめ」あってもいいんじゃぁないかな?と、思った夜でした。
お宅でもぜひ!

再び登場の「わび助」。いつも人生勉強させてもらってます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - スピリチュアル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。