So-net無料ブログ作成
検索選択
海あそび ブログトップ

和具の浜 [海あそび]

最終日は三重県・南伊勢の和具の浜海水浴場に行きました。
本宮大社から車で3時間近く走り到着。ここまで来ると名古屋から200キロ弱となり、日帰り圏内に入って来ます。
お盆休みに入っていないように思える程、人が少ない。
しかも海が綺麗!
以前毎年のように行っていた西伊豆の海岸程ではないものの、シュノーケルカラフルな魚を見ることも出来ました。
ビーチキャンプも出来るようで、数張りのテントがありました。

海水浴をしたあとは、夕焼けを見ながら海岸で簡単な夕食を食べて帰宅しました。

充実した3泊4日の旅行でした。
Image529.jpgImage530.jpgImage531.jpgImage532.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

勝浦ブルービーチ [海あそび]

夏休みを利用して南紀に来ています。
3週間前にも利用した勝浦シティプラザリゾートホテルという、どんな形態なのか?マークが着く温泉ホテルに2泊しました。
海水浴は車で10分程の勝浦ブルービーチに2日間行きました。
なんとここは、海水浴場の隣で波乗りが出来るという、鵠沼海岸や静波海水浴場みたいなところです。
もちろん持参してきたロングボードを久しぶりに思いきりしてきました。
まりのちゃんは、一日目は波が怖いのか全く水に浸かりませんでした。というか、大泣き!
でめ2日目は朝大浴場で慣らして、海に頑張って入ろうねと約束したせいか、海に入れました。

2日間とも夕食は、マグロの美味しいお店、「竹原」「おがわ」に行きました。
日本酒が旨い、旨い。
Image517.jpgImage518.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

水晶浜 [海あそび]

今日は早朝に3人で家を出て、波乗りへ。
行き先は、福井県。ただそれだけを決めて出発。
最近仕事でのイライラもあり、波乗りに行こうよ!という妻の提案でした。まりのちゃんが生まれるちょっと前に一人で波乗りしに行ったっきりだった。体力も感覚も失っていたので、ちょっと気が進まなかったけど、妻もやりたいと言うので行くことにしました。
北陸道敦賀ICで降り美浜の方に海沿いを走ったけど、めぼしい砂浜はことごとくテトラが入っていた。護岸工事とセットでテトラなのか。どこの海岸もテトラが入っているのを見ると、日本の海岸線が失われていくような気がした。
レインボーP、日向Pと呼ばれる場所に行ったが、波はなかった。
また来た道を戻り、夏に行った海水浴場の隣のビーチ「水晶浜」で、3人程波乗りをしている人がいたので、やっと落ち着くことができた。既に時間は12時に差し掛かっていた。
妻と交代で「波乗り」とまりのちゃんとの「砂遊び」。まだ波乗り2回目の妻は20分くらい入ってすぐ戻って来るので、結構僕は海に入ってられた。
あまりいい波という訳ではなかったけど、1年3ヶ月の感覚は取り戻せたような気がしたところで、今日はおしまいということにしました。昼ご飯抜きで4時まで。好きなことは時間があっという間だね。

これからは、妻と家でサーフィンビデオを見る毎日になりそうです。
毎週末はサーフトリップか?  んな訳はないな(笑)

ポイント】福井県水晶浜
【波】膝
【ウェット】シーガル(他の人はタッパーに海パンも)

海浜公園がきれいな「和田海水浴場」  ここもテトラが。

どこへでも連れて行ってくれる我が家の足。今回は波乗り仕様。

水晶浜。水温も高く、透明度は申し分ない。下の岩が近くに見えて、妻はびびる程。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

福井県・竹波海水浴場 [海あそび]

最近お疲れでしたので、僕が出張に行っている間に、妻が海水浴場の目の前の民宿を取ってくれていました。
朝8時前に家を出て、のんびり走って3時間で福井県の竹波海水浴場に着きました。
竹波海水浴場は、白い砂浜、綺麗な水で有名な水晶浜のすぐ北にある海水浴場で、透明度は水晶浜以上との話しもあります。水晶浜は若い人が多く、海の家やJetskiでうるさいので、こちらの浜が家族向けです。
今回の宿、沢田旅館は11時からチェックインさせて頂いたので大変助かりました。
まりのちゃんは、海に浮かんでいるのは、まだ嫌なようで、ボートに乗っているのもだめみたいです。

お砂遊びは初めてでしたが、楽しいようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

再始動準備OK [海あそび]

今日は曇天で無風。ということで、家のウッドデッキでサーフボード2本のワックスリムーブ&塗りをしました。

名古屋に来る前の10数年間は、気が向いた時には徒歩で海まで行ける距離に住んでいたので、波乗りは唯一のシーズンオフの無い遊びでした。
そんな環境にいたからこそ、遠方から来て「どんな波でも乗ってやろう!」というような、がっついた気持ちではなく、ノンビリ、ゆったりした気分で乗ることが出来てました。
仕事でストレスを感じたときとか、朝早く目覚めたときとか、富士山や夕日がきれいに見えた日など、家から9'6のボードをエレベータに乗っけて、逸る気持ちを押さえて急降下。
友達も板を持って遊びに来て、一緒に早朝から十分に楽しく乗って、家でシャワー浴びて、海を見ながらKONA Coffeeを飲むなんてこともしてたなぁ~。
波乗りを通して振り返ると、とても充実していたなと思います。
今日そんなことを考え、海で遊んだ人達の顔を思い出しながらワックス掛けしました。

名古屋に来てからは、波乗りの出来るポイントも車で2時間以上かかるほど遠くなってしまったので、1度だけ赤羽根に行ったきり。娘が生まれてからは、妻に預けて一人で波乗りに行けるほど神経図太くないし(妻だって遊びたいのを我慢しているのも、わかっているしね)。
でもそろそろ娘も外に遊びに行けるようになってきたので、再始動の準備を始めました。
新しいボードケースも購入したし、あとはウエットスーツが着れるかチェックするのみ。それが一番の気懸かりだ!!

亡きDiffenderferシェイプの10'0。 親子3人で波乗り出来る日も近い??


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
海あそび ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。